新宿で金・貴金属ジュエリー・プラチナの買取利用におすすめしたいお店5選をご紹介!【口コミなどの評判も比較!】

買取不可な貴金属の種類ってある?

新宿など都内で貴金属の買取を依頼しようと思っている人の中に、自分が買取を依頼しようとしている貴金属が買取不可のものではないかという言う不安を持つ人もいるのではないかと思います。

そのお店によっても拒否されるものの種類は違いますが、ここでは多くのお店で買取不可であろう貴金属の種類などについてお伝えします。

 

 

このような品目には注意したほうが良いもの

多くの買取店などで買取不可の貴金属に金メッキや金張りと呼ばれるメッキ製品があります。どんなに精巧な作りで、装飾品としての審美性を持っていてもこのようなメッキアクセサリーなどは拒否されることが多いです。

メッキ製品であっても有名ブランドのものであれば査定をしてくれることもありますが、そうでない場合はほぼ買取をしてくれないものと思って良いでしょう。また、少量の金箔やプラチナなどの削った粉状の貴金属も不可としている所が多いようです。多量にあればよいですが、少量の場合は諦めたほうが良いかもしれません。

最近普及している、人工ダイヤモンドなどのいわゆる模造宝石の類も注意しましょう。最近の模造宝石は、技術の進歩により素人が一目見ただけでは判別がつかないようなものも増えています。無料見積もりサービスをしている所などであらかじめ見てもらうと良いでしょう。

その他、銅でできたものや、海外製のインゴットバーなどに関しても注意が必要です。必ず依頼しようとしている所のホームページなどを確認しておきましょう。

 

そのような製品を見分けるためには?

ただ、金メッキなどのメッキ製品などは、一目見ただけでは判別がしづらいことがあります。自分でメッキ製品として購入したものなら覚えていることが多いですが、人から貰ったものなどの場合はその点があいまいなことも多いでしょう。

そんなときに確認して欲しいのが、その貴金属にある刻印です。貴金属などには、使われている材質が分かるように刻印が付いています。

その刻印を見れば買取不可のものかどうかが一目でわかります。例えば、金メッキの場合にはGPという刻印がなされています。これはゴールドプレーティドという英語の略になり、メッキを施されたものであることが分かります。

逆に一般的な金の場合は、Kというアルファベットの後に純度を表す数字が刻印されています。純金の場合は「K24 1000」や、純度90%の場合は「k21 900」などといった刻印がなされています。

ただ、刻印が確認できない場合もあるかと思います。そのようなときには磁石などを利用した判別方法があります。

純度の高い金やプラチナなどの貴金属は、磁気に反応しないので磁石を近づけても反応がありません。逆に磁石に反応するようならば、メッキ製品の可能性が高いといえます。

それでも判別がつかない場合は、無料見積もりなどでプロに確認してもらいましょう。新宿の買取会社には、そのような所も多くあるので、探して持ち込んでみるのも良いでしょう。

 

もし不可品だと分かった場合はどうする?

先述のような判別方法を使い、メッキ製品などと分かったときにはどうすれば良いのでしょうか。新宿のお店ではそのような品は拒否されることがほとんどなので、リサイクルショップなどのお店にいき引き取ってもらったり、ネットオークションフリーマーケットアプリなどで、自身で処分する必要があります。

中には、そのようなアクセサリーを分解し、ハンドメイドアクセサリーなどとして販売するという人もいます。何らかの方法で処分をおこない、不要なものはどんどんと処分していきましょう。

 

大事にしていた貴金属などが不可品だと分かってしまうとショックも少なくないかもしれません。しかしそのような品でも再利用したり、どこかでそれを欲しい人がいるかもしれません。

新宿の貴金属買取店には、しっかりとしたプロの目で無料査定をしてくれる所が多くあります。そのようなサービスも賢く利用し、無駄なお金をかけないようにしましょう。いずれにせよ、実際に依頼する前にいろいろなことを自分でしっかりと確認しておく必要があります。

おすすめ関連記事




サイト内検索

【新宿】金・貴金属ジュエリー買取おすすめ5選

商品画像
商品名おたからや 新宿西口店ブランドファン 新宿店コメ兵 買取センター新宿南口大黒屋 新宿買取センターなんぼや 新宿南口店
特徴丁寧かつ正確な査定、そして他社よりも高い買取金額!多様なニーズに応える買取店!貴金属ジュエリーの買い取りに強い!「金」の買い取りならここがおすすめ!スタッフの質から内装までこだわり抜かれたお店!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ