新宿で金・貴金属ジュエリー・プラチナの買取利用におすすめしたいお店5選をご紹介!【口コミなどの評判も比較!】

貴金属の刻印はどのような意味がある?

買取店に持ち込む前には、売りたい品物の情報を伝えることもあります。

その時に役立つのは、貴金属ならば刻印です。

意味としては、ブランドネーム、金なのかプラチナなのか、素材を指し示す内容で、査定をスムーズに進めることが可能です。

 

どれくらい金が含まれているのかを示す

金や銀、プラチナを含め、8種類の金属からジュエリーなどの品物が作られるようになり、新宿の質屋や買取店を利用する人の姿も増えています。

これら貴金属はその純度によって等級があり、品位と呼ばれているそうですが、国際標準・日本工業規格により1000分率で表示が取り決められています。

目を凝らしてみれば、ジュエリーや金の延べ棒などには刻印があります。

ホールマークもその1つで、この場合には、造幣局が品物に含まれる純度検査を行い、認証したというお墨付きの印です。

新宿にある買取店に品物を持ち込む際、鑑定書の有無を聞かれるようですが、その品物の品質を保証するものだからです。

その保証を分かりやすくしているのが、こうした刻印なのです。

 

様々な意味が1箇所に重なり合っている

指輪やネックレスなどに刻まれている印、この意味を知るだけで買取店での査定も優位に進めることができます。

特にネット査定では、品物の情報が査定額を左右します。

純金なのかメッキなのか、それによっては買い取ってもらえないケースもあります。

情報があやふやなまま、とりあえず査定しますという業者にいわれるまま送料を負担した挙げ句の果てに、比重を算出してみれば、金としての価値がない、こうしたケースもあります。

品物の情報を示す印ですから、意味を知ることは必要でしょう。

刻印には例えば、金がどのくらい含まれているのかを示す刻印もあれば、ブランドを示すもの、ダイヤモンドやルビーなどの重さを表すカラットまでが刻まれています。

他にも婚約指輪や結婚指輪には、刻印メッセージというカスタマイズサービスもあり、意味も含めて実に様々です。

また、表示義務がないため鑑定書が必要にもなるのです。

そうでなければ、質屋や買取店などでは、査定する際にこれらの意味を確認して適正価格を提示しなければならず、もちろん見た目や比重検査、試金石検査などにより間違いのない査定を行ってもくれます。

 

メッキが施されているのかを示す

買取店に持ち込む客層も、新宿に限ってはオフィス街でもあり中高年の男女の割合が多いようです。

持ち込むのも腕時計やネックレス、指輪などのジュエリーです。

金は柔らかく純金としての価値はあるものの、ジュエリーなどの加工には向かないようです。

そのため、混ぜて適した固さに調整した上で加工されています。

その割合により24金・18金などと呼ばれ、K18とジュエリーには刻まれます。

一般的に目にするのはKが前です。

しかし、新宿に持ち込まれる品物にはアンティークジュエリーも少なくありません。

この場合Kが後ろにつくようです。

また、先に述べたように、混ぜるだけでなく別の素材を組み合わせているケースもあるようです。

例えばK18GPではメッキを示すことが判断できますが、気を付けたいのは金としての価値がないという点で、取り扱いできない買取店もあるということですから事前に問い合わせましょう。

また、指輪にはイニシャルやメッセージなどが刻まれていることもあり、紛らわしい表示に難色を示すことも無きにしも非ずです。

その場合にも、とりあえずは査定に出してみましょう。

今や無料査定や納得できなければ、売買契約せずに品物を返却してくれますから利用もしやすいようです。

 

貴金属には刻印があり、数字やらアルファベットなどが刻まれています。

もちろんハイブランドであれば、ブランドネームも刻まれていますから、買取店に出す際、箱などの付属品がなくともブランドの判断もできます。

素材が何なのか、どれくらいの品質なのかを知る印です。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索

【新宿】金・貴金属ジュエリー買取おすすめ5選

商品画像
商品名おたからや 新宿西口店ブランドファン 新宿店コメ兵 買取センター新宿南口大黒屋 新宿買取センターなんぼや 新宿南口店
特徴丁寧かつ正確な査定、そして他社よりも高い買取金額!多様なニーズに応える買取店!貴金属ジュエリーの買い取りに強い!「金」の買い取りならここがおすすめ!スタッフの質から内装までこだわり抜かれたお店!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ