新宿で金・貴金属ジュエリー・プラチナの買取利用におすすめしたいお店5選をご紹介!【口コミなどの評判も比較!】

貴金属買取のチェック項目って?

新宿で貴金属の買取をしてもらうとき、いったいどんなチェック項目で査定がおこなわれているのか知りたいという人も多いでしょう。

ここでは、刻印や純度、そして付加価値といったチェック項目について分かりやすく紹介します。

 

 

 

刻印をチェックして本物かどうかを確認する

金などの貴金属を買取してもらう際、鑑定士がまず何をチェックするのかということ、それは本物かどうかということです。本物かどうかを確認するためにおこなわれるのは、刻印のチェックであり、ブランドマークや純度、そして製造番号などの刻印を見ます。

これらの刻印があれば本物だと考えられますし、特に日本国旗の刻印があれば信頼性が高くなると言われています。もちろん、こうした刻印だけで絶対に本物だと分かるわけではありませんが、重要なチェック項目であることには違いありません。

 

純度と重量をチェックして基本的な買取価格を決める

刻印をチェックした後は、金などの含有量がどれぐらいあるのかということを示す純度と、実際の重さである重量の確認をおこなうことになるでしょう。金地金の場合は、純金であれば「999.9」と刻印されていますし、純金でない場合もその含有量が刻印されています。

そしてアクセサリーの場合は18金であれば「K18」という刻印がなされているため、鑑定士はそれをチェックします。当然のことながら、金というのは純度によって査定額が変わるので、その確認はとても重要なのです。重量についても正確な計測がおこなわれ、業者ごとに設定されている1グラムあたりの相場価格によって基本的な査定額が算出されます。

また、金の相場価格というのは国際価格が重要な基準になっており、それに基づいて業者ごとの相場も決定されています。この国際価格というのは、株価のように日々大きな値動きがあるわけではありませんが、年単位で見ると大きく変動する場合もあるのです。

そのため買取に出す際は事前に国際価格というものを調べておくと、業者から安く買い叩かれるのを防ぐことができるでしょう。

 

ブランド物は付加価値があるかどうかもチェック

金などの貴金属の買取価格は、先ほど紹介した純度と重量によって基本的に決まりますが、そのほかにも付加価値があるかどうかというチェックもおこなわれます。ブランド物や骨董品の場合は、金などの素材のみの価値だけでなく、ブランド物や骨董品としての付加価値もあるからです。

そして宝石と組み合わせになっている貴金属の場合は、宝石の価値も含めて査定されることになります。ですので、こうした付加価値があるものの場合は、ブランド物や骨董品などをそれぞれ専門に扱っているところに持っていったほうが、より適正な査定額を出してもらえるということが言えるでしょう。

また、買取を依頼する場合は、品物にキズが付いていることを気にする人も多いかもしれませんが、金の場合はキズがあっても価値は変わりません。金というのは、一度溶かして再利用されるためキズや汚れがあっても査定には影響しないのです。

ただし、そのまま転売をおこなえるようなブランド物の場合はキズや汚れが査定に影響してしまいます。さらにキズなどの損傷が大きいブランド物だと、金などの素材だけの価値で判断されてしまうケースもあると言えるでしょう。

 

金などの貴金属の買取では、まずブランドマークや純度、そして製造番号などの刻印をチェックして、本物かどうかの判断がおこなわれます。次に含有量を示す純度や、実際の重さである重量をチェックし、業者の買取相場によって基本的な査定額が算出されます。

さらにブランド物や骨董品の場合は、金などの素材のみの価値だけでなく付加価値がないかどうかのチェックもおこなわれるでしょう。また金の場合は、一度溶かして再利用されるためキズがあっても査定に影響しませんが、ブランド物などの場合はキズが影響するので注意が必要です。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索

【新宿】金・貴金属ジュエリー買取おすすめ5選

商品画像
商品名おたからや 新宿西口店ブランドファン 新宿店コメ兵 買取センター新宿南口大黒屋 新宿買取センターなんぼや 新宿南口店
特徴丁寧かつ正確な査定、そして他社よりも高い買取金額!多様なニーズに応える買取店!貴金属ジュエリーの買い取りに強い!「金」の買い取りならここがおすすめ!スタッフの質から内装までこだわり抜かれたお店!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ