新宿で金・貴金属ジュエリー・プラチナの買取利用におすすめしたいお店5選をご紹介!【口コミなどの評判も比較!】

新宿貴金属買取ランキング!

新宿エリアでおすすめの貴金属買い取り業者をランキング形式で一挙紹介!

今現在、密かにその資産価値が見直され、市場などでの取引相場が上昇傾向にあるもの。それは「貴金属」です。今現在貴金属類、特にその中でも金に関しては世界経済の混乱などを背景としてその資産価値が急速に高まりつつあり、正しく「売り時」がやって来ています。

しかしそうは言っても、世の中の大半の方々はこれまでそういった買取サービスなどを利用した経験がなく、いざ貴金属類を売りたいと思ってもどのような業者を利用すればよいのかわからないというのが一般的なのではないかと思います。

そこでこのサイトでは、新宿エリアに限定はされるものの、おすすめできる貴金属類買取店を5つ、厳選しランキング形式で紹介していきたいと思います。また、今回紹介を店頭買取を行っている「店舗」に限定したのは、ネットを介した宅配や出張買取に比べ、やはり査定などの正確性、信頼性の高さという点では店頭買取の方が勝っているからです。それでは、どのようなお店がランクインしているのか早速見ていきましょう。

新宿の貴金属買取ランキング一覧!

丁寧かつ正確な査定、そして他社よりも高い買取金額!

新宿エリアの貴金属買取店ランキング、第1位にランクインしたのがおたからや 新宿西口店です。こちらの店舗の営業時間は10:00から19:00までとなっており、日曜日に関しては18:00までの営業となっております。また、営業時間外でもWebサイトから宅配・出張買取を受付することも可能です。アクセスとしては新宿駅西口および南口より徒歩3分となっており、電車で持ち込みをする場合にも便利です。おたからやでは自社のイメージキャラクターにものまね芸人のコロッケ氏を起用し宣伝を行っており、全国的な知名度も高い買取業者となっております。

おたからやは創業40年の歴史を持つ老舗の買取業者であり、これまでの買取実績やそこで培われてきたさまざまな品物に関する知識も業界内では圧倒的だとされています。近年ではテレビ番組で取り上げられたり、雑誌で特集を組まれたりするなど、広くメディア上で注目を集めてもいるようです。

おたからやの特徴としてはお店の外観がやや独特であり少々入りづらい雰囲気があるのも確かですが、一旦入れば中は非常に清潔な店内となっており、接客態度なども非常に親切で好感が持てます。また、ドリンク無料サービスを提供しているのも利用者としては嬉しい点です。査定に関しても非常に正確でなおかつ買取金額も高いため非常におすすめの買取店となっております。

多様なニーズに応える買取店!

新宿のおすすめ貴金属買取店、第2位にランクインしたのはブランドファン 新宿店です。こちらの店舗の営業時間は11:00から19:00までとなっておりますが、19:00以降も電話で予約があれば受付可能だそうです。アクセスとしてはJR新宿駅南口より徒歩3分であり、電車での来店にも便利です。

ブランドファンは全国に4店舗と店舗数自体はそれほど多くありません。しかし全国に提携をしている査定士がいるため、そういったネットワークを駆使して貴金属品をはじめとするさまざまなジャンルの品物に対して適切な査定をすることを可能としています。

ただし他の大手買い取り業者と比較した場合、その実店舗の少なさに少々不安を感じてしまうのも事実かもしれません。そういったこともあってか、近年ブランドファンではテレビメディアなどへの出演を増やし、その知名度向上に努めている傾向があります。買い取りに際しては貴金属品であればキズモノや破損品も買取の対象としてくれるということもあり、そういった意味でも大変おすすめすることができるでしょう。また、店頭買取はもちろんのこと、宅配買取や出張買取、さらには専用アプリを用いた査定サービスなども提供しているという特徴もあります。

貴金属ジュエリーの買い取りに強い!

新宿の貴金属買取店ランキング、第3位にランクインしたのがコメ兵 新宿店です。コメ兵はさまざまな貴金属品の中でも、特にジュエリー類の買い取りに強い傾向があるとされます。コメ兵 新宿店の営業時間は11:00から20:00までで、アクセスはJR新宿駅南口より徒歩2分となっております。また、車でのお越しの場合、買取金額が10,000円以上であれば1時間、30,000円以上であれば2時間の駐車料金が無料となるサービスも行っています。

コメ兵はさまざまな貴金属買い取り業者の中でも創業70年の歴史を持っており、関東から九州まで各地に店舗を展開しているため知名度が高く非常に有名です。その中でも新宿店は、珍しく買取のみを行っている店舗となっております。

コメ兵はどちらかと言うと老舗らしく堅実な買い取りを行っているといった傾向があり、買取価格は決して安くはないものの、値段交渉には応じてもらいにくいという特徴があります。しかしさまざまな条件次第では査定金額を大きくアップさせることも可能であり、その具体的な方法に関してもウェブサイト上などで公開しているため状態の良い品物をお持ちの方には大変おすすめできる買取業者です。

「金」の買い取りならここがおすすめ!

貴金属買取店ランキング、第4位となるのが大黒屋 新宿買取センターです。こちらの店舗の営業時間は平日、土日祝日ともに11:00から20:00まで、場所はJR新宿駅南口を出てすぐとなっております。大黒屋は全国店舗数200店以上という中古品買い取り業者の中でも非常に大きな規模を持っており、そのオレンジ色の看板は誰もが一度は見たことがあるであろうと言うほどに有名です。大黒屋では買い取り際の手数料などは一切かからず、査定や鑑定をした後で買い取りをキャンセルした場合にもキャンセル料などはかかりません。このためこうした点では非常に利用しやすい買取店であるといえるでしょう。

新宿買取センターは販売店も併設されているということもあり内装もしっかりと作られ、誰もが入りやすく心地よい空間設計となっています。大黒屋は買取品目が幅広く、特にチケット・金券やブランド品を多く買い取っているということもあって金券類の買取は特に強い傾向があります。また、貴金属の買い取りにおいても特に「金」製品の買い取りに力を入れているという特徴もあります。しかしその一方で買取品目が多岐に渡る為、査定員の専門分野に対する知識が他業者と比べて深いとは言い難いとの声も寄せられているようです。

スタッフの質から内装までこだわり抜かれたお店!

新宿エリアの貴金属買取店ランキング、第5位にランクインしたのはなんぼや 新宿南口店です。こちらの店舗の営業時間は11:00から19:00まで、立地としてはJR新宿駅南口より徒歩5分であり、歩いてすぐに到着することが可能です。また、買い取り成約時には駐車場代500円プレゼントされるということもあり、自動車でお越しになられるのも良いかもしれません。

元Jリーガーが社長、イメージキャラクターに関根勤を起用しているということもあり、さまざまなメディア上で取り上げられることも多く、そういった媒体でご覧になったことがあるという人も多いかもしれません。また、なんぼや2018年に東証マザーズに株式上場した企業であり、上場するにあたって書面、実地などの厳しい審査をパスしているので信頼性は高いと言えます。

事実査定スタッフ(コンシェルジュ)の知識や経験、会社全体でのこれまでの買取実績は非常に豊富であり、また、新宿南口店は買い取り専門の店舗であるにもかかわらず内装もきれいであるということから、初めて買い取りをしてもらうという人であっても安心して利用することができるでしょう。ただし買取価格に関しては決して高いとは言えない傾向があり、交渉ありきの金額提示をされることも少なくはないようです。

私がこのサイトを作ったわけ

ここまで新宿で貴金属品の買い取りを行っている店舗を5つランキング形式で紹介して参りましたがいかがだったでしょうか。ここで紹介した情報が皆さんのお店選びの参考になれば幸いです。ここからは、このサイトの管理人である私のプロフィールなどについて簡単に紹介をさせてください。
私は今現在、小田急線沿いの某マンションに住んでいる40代後半の女です。仕事は山手線エリアにある某IT関連企業に勤めています。私が20代になったばかりの頃はバブルが崩壊した直後の時代でしたが、今と比べるとまだ景況感は良かったように思えます。

私はその頃ジュエリーやブランド品などを買うのが趣味であり、また、実家がどちらかと言えば裕福であったということもあり親や親族から受け継いた貴金属品なども多く保有していました。昨年、ふとしたことから若い頃に買ったものや親から受け継いだものなどに関し一度整理をしたいと思うようになり、それを機に中古品買い取り業者に関心をもつようになりました。

ちょうどその頃、旦那(50代前半)も昔コレクションしていたロレックスなどのブランド時計を処分したいと言っていたこともあり、それらをまとめて買い取ってもらうことのできるところを探していました。今回このサイトでは、このときに1円でも高く売りたいと査定に出した店舗に関する情報をメインに、さらにネット上などでの口コミを加味して独自にまとめ上げた情報を紹介しています

貴金属とは?

このサイトでは貴金属の買い取りについて紹介をしてきましたが、そもそも「貴金属」とは一体どのようなものなのかをご存知でしょうか。基本的に、貴金属とは金(Au)、銀(Ag)、プラチナ(Pt)、パラジウム (Pd)、ロジウム (Rh)、イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru)、オスミウム (Os)の計8種類の金属を指します。これらの金属は加工性が良く腐食耐性も強い反面、産出量などが少なく貴重であり、そのことから「貴」金属と呼ばれます。貴金属はこうした性質上、ジュエリーなどに多く用いられ、それ自体として資産価値が認められ、しばしば投機の対象となることもあります。特に金、銀、そしてプラチナはこうした側面を強く持っています。

また、これら貴金属はその純度(他の金属が混じっている度合い)によって等級づけられています。これを貴金属の「品位」と呼びます。この品位はISO(国際標準規格)やJIS(日本工業規格)により千分率で表示されるよう取り決められているのですが、例外として金に関してはカラット(24分率)で表示することとなっています。なぜこうした純度(品位)に関する取り決めが必要となるのかといえば、それは加工の問題があるからです。先にも述べましたように金や銀、プラチナなどは非常に高い加工性を持っている反面、純度が高いものは柔らかすぎて変形や破損をしてしまいやすいという特性もあります。そうした都合上、強度を増すために他の金属を添加させる必要があるのです。

このように純金、純銀、純プラチナなどに他の金属を混ぜることを専門用語で「割り金」と呼びます。また、割り金にはそれ以外にも純度を下げることにより素材のコストを低減させ、大量生産などが可能になるというメリットもあります。さらにその他にも独特の光沢や色味などを出すことを目的として割り金を行う場合もあります。最初に挙げた貴金属類のうちパラジウム 、イリジウム 、ルテニウムなどはこうした割り金に用いられることが多くあります。また、ロジウムはさまざまな金属メッキの原料として用いられるのが一般的です。一方オスミウムはかつては割り金やメッキなどに使われることもありましたが、その後その毒性などが問題視されるようになり現在では万年筆のペン先など用途は限られており、肌に身に着けるジュエリーなどには用いられなくなっています。

また、割り金の原料としては先に挙げた貴金属類の他にも銅やコバルト、タングステン、チタン、アルミニウムなどが用いられる場合もあります。ただしこういった種類の金属は主に特殊な用途のための合金素材であることが多く、ジュエリーなどにはあまり好まれません。割り金の原料に関しては今もなお日進月歩で研究が進められています。一般的にはこうした割り金の入った貴金属は純度の高い貴金属に比べると価値は下がってしまう傾向にあるのですが、割り金を用いることで特殊な加工や細工などが可能となるため、そういったデザイン面での価値が加味されることで純度の高いものよりも高額で取引がなされる場合もあります

また、貴金属の価格相場は東京をはじめとして世界各地に点在している国際市場での取引価格を参考に算出されるのが一般的です。国外で取引されたものに関してはその価格を為替で円換算して求められますが、さらに厳密な値を求める場合には輸送コストや保険料などが加味されます。こうした価格の決定は大手の貴金属商社などが行い、それをさまざまな業者が参考にするのが一般的です。ただし国際相場が激しく変動する場合にはそれに伴って国内取引にも混乱が生じることがあります。

貴金属の種類とその特性

ここからは、先にも紹介した貴金属の種類と、その特性についてより詳しく紹介していくことにします。まず金(Au)はジュエリーでは定番の貴金属であり、特に金75%に銀・銅を25%ほど割金として添加したK18(18金)は日本では広く用いられています。この他にもさまざまな種類の金属を割金として使い、さらにその分量を調整することによりピンク、ホワイト、グリーンなどさまざまな色調を生み出すことも可能であり、コスト面に加えてそういった色調が好まれる場合も多くあります。

次に銀(Ag)は金よりも一般的に用いられる貴金属です。江戸時代の日本では金よりも高価とされることもありました。銀は空気中に含まれる硫黄成分と反応(硫化)することで黒く変色してしまう性質を持っていますが、磨き直しによって色調を取り戻すことも可能であり、また、適度に黒くなったものは「いぶし銀」として通常の銀よりも高額になる場合もあります

プラチナ(Pt)は日本では白金(はっきん)と呼ばれることもあります。その産出量は金よりも少なく、そのため取引価格に関しても金を上回るのが一般的です。用途としては工業用として用いられるほか、ブライダルジュエリー、ハイジュエリーなどの特別な用途のジュエリーとしても好まれます。

パラジウム(Pd)はプラチナに近い種類の貴金属ではありますが、プラチナよりも安価で軽いという特性もあります。こうしたことから工業用のほか、カジュアルジュエリーなどに用いられることも多くあります。また、金やプラチナなどの割金としても用いられます。この他にイリジウム(Ir)、ルテニウム(Ru)などに関してもパラジウムと同じプラチナに近い種類であり、それに準じた特徴を持ちます。

貴金属を買い取ってもらうとき注意したいポイント

最後にこういった貴金属を買い取ってもらう場合、より高い金額をつけてもらうために注意したいポイントについていくつか紹介していきます。

まず一つ目のポイントは、複数のお店で査定を受けてみるという点です。今現在、日本にはさまざまな貴金属を取り扱っている買い取り業者がありますが、その査定の基準やあるいは水準はそのお店ごとに変わってきます。もし買い取りをしてもらう場合には、やはり複数の店舗で査定を行い、より高く買い取ってくれるところを選びましょう。また、これは先述したことではありますが、宅配買取や出張買取は店頭買取と比べるとどうしても査定の精度という点では劣ってしまうのは確かです。そのためお近くに店頭買取をしてくれるお店がないという場合は別ですが、やはり一度は店頭での査定を受けてみるのをおすすめします。

第二のポイントとして挙げられるのができるだけ日頃から手入れをするということです。貴金属の場合、どんなに傷や破損などがあった場合でも最悪溶かして作り直すということが可能になるため、余程のことがない限りは買取不可になってしまうということは無いのではありますが、デザイン性の高いジュエリーや仏具などの場合、やはり状態が良いものの方が高い金額がつく場合がほとんどです。特に指輪やネックレス、その他身に着けることの多いカジュアルジュエリーなどに関しては日頃から手入れを行い、できるだけ新品の状態に近づける努力をしましょう。

三つ目のポイントはできるだけ付属品や鑑定書などを取っておくということです。こうしたアイテムはその品物の品質を保証するものでもあります。こうしたものに関しても、できるだけ保存をしておいたほうが査定金額は高くなります。

記事一覧

使わなくなったジュエリーは、クローゼットに眠らせておかずに買取に出すのがお得だといわれています。 しかし、中に ・・・[続きを読む]
クロムハーツは芸能人にも愛用者が多く、ブランド力の高いシルバーアクセサリーとして知られています。 需要の高いア ・・・[続きを読む]
使わない宝石は業者で買取ってもらうことが可能ですが、それぞれの石にはグレードがありカラット数や色、カットなどに ・・・[続きを読む]
ロレックスは高級時計の老舗ブランドで、レアなモデルやアンティークなど新しいだけでなく古い物や希少価値のあるもの ・・・[続きを読む]
着物の価値は、本当に着物の知識のある人にしか分からないものです。 そのため、信頼できる鑑識眼を持つ査定員によっ ・・・[続きを読む]
ファッションにはトレンドがあるので、飽きてしまったブランドバッグを売りたい人もいるでしょう。 しかし、少しでも ・・・[続きを読む]